ランサムウェア入りUSB送り付ける攻撃手口にFBI注意喚起

FBIから昨今のハッカー集団における攻撃手口にUSBメモリーを使用した攻撃が確認されているとの情報を公表されている。

概要

攻撃者は、正規の企業やブランドを騙りマルウェアが仕込まれたUSBメモリーを送付。
USBが接続されたパソコンを皮切りに、ランサムウェアをはじめとする他の攻撃へ展開できるツールをインストールさせるという。
当該攻撃は、「BadUSB」と呼ばれている。

被害状況

FBIによると、確認された攻撃には、アメリカ健福祉省や家電量販店、Amazonなどの企業組織を騙るケースが確認されているという。
攻撃者はこれらになりすまし、「新型コロナウイルスについての情報」とするメッセージや、ギフトカードなどを同封しUSBメモリーを送付しているとのこと。
2021年には、アメリカの運輸業界をはじめ保険業界、防衛産業などで当該攻撃が確認されている。

【参考URL】
USBメモリーを標的に送りつけて攻撃–挿入されたPCにランサムウェアをインストール
https://japan.zdnet.com/article/35181884/

 

最新情報をチェックしよう!