Excelのデータ・ファイルを復元する方法

Excelでは、「保存せずにExcelを閉じてしまった」「ファイルごと削除してしまった」「使用中に強制終了してしまい、データが保存されなかった」など、データ保存にまつわるトラブルがよくおこります。

この記事では、Excelのデータが誤削除・上書きで破損した際の、データ復元方法を紹介します。

復元できる可能性がある場合

下記の場合、個人でもExcelデータを復元できる可能性があります。ただし、不適切な手法をおこなうとデータは失われますので、やみくも操作は控えてください。

  • データの保存・上書きを忘れた
  • 誤って削除・上書きした
  • ファイルを開こうとしたら破損していた
  • 作業中に強制終了してしまった

Excelデータの復元方法

個人でできる、Excel(エクセル)データの復元方法を紹介します。

Excelデータの保存を忘れた場合

まだ一度も保存したことないデータを、復元する場合

 1.Excelを起動し、「ファイル」→「情報」→「ブックの管理」の順に進みましょう。
 2.「保存されていないブックの回復」があるので、クリックしましょう。
 3.該当のデータが見つかった場合には、ファイルを選択して画面下部にある「開く」をクリックしましょう。
 4.ファイルが開いたら、バーの下にある「名前を付けて保存」をクリックしましょう。

既存のExcelファイルを上書き保存せずに終了してしまった場合

 1.Excelを起動し、該当するファイルを開きましょう。
 2.次に、「ファイル」→「情報」→「ブックの管理」の順に進みましょう。
 3.「ブックの管理」項目の下にある、「日付 時間 (保存しないで終了)」をクリックしましょう。
 4.ファイルが開いたら、バーの下にある「復元」をクリックして、上書き保存しましょう。

間違えて上書き保存してしまった

誤って上書き保存してしまった場合、「ファイル」→「情報」→「以前のバージョン」と進みましょう。復元可能な更新日時一覧が表示されたら、該当ファイルを選択し、「復元」をクリックします。

破損したファイルを復元したい場合

Excelを開こうとした際、「ファイルが破損しているため開くことができません」と表示されることがあります。この警告が表示される原因として、次の2パターンがあります。

 ・実際に破損している
 ・セキュリティ機能が働いている

まずは、インターネットから取得したファイルを、ローカルフォルダに移動して開いてみましょう。開けた場合、セキュリティ設定の影響で弾かれていたことが考えられます。

一方で、ローカルに移動しても開けなかった場合、実際にExcelデータが破損している可能性があります。手動で、修復する方法は次のとおりです。

 1. Excelを起動し、「ファイル」→「開く」の順に進みましょう。
 2.破損しているファイルを選択して、「開いて修復する」→「修復」の順に進みます。

削除してしまった場合

削除したExcelデータは「ゴミ箱」の中から探しましょう。ただし、削除してから一定期間が経っていたり、「ゴミ箱を空にする」などの行為を行ってしまうと、データはゴミ箱からも消えてしまいます。

このような場合、「ファイル履歴」から復元できる可能性があります。「ファイル履歴」とはPCに保存されているファイルを、自動でバックアップできる機能です。そのため、「ファイル履歴」が有効になっている場合、希望の日時の状態まで復元することが可能です。

作業中に強制終了してしまった場合

作業中に強制終了が起き、ファイルが閉じてしまった際の復元方法は次のとおりです。

1.Excelを起動し、該当するファイルを開きましょう。

2.次に、「ファイル」→「情報」→「ブックの管理」の順に進みましょう。

3.「ブックの管理」項目の下にある、「日付 時間 (保存しないで終了)」をクリックしましょう。

4.ファイルが開いたら、バーの下にある「復元」をクリックして、上書き保存しましょう。

上記でデータを復元できなかったときの対処法

復元ソフトを使用する(注意)

上記の方法で解決できなかった場合、復元ソフトを使うことでデータを復元できる可能性があります。ただし、手軽に試すことができる半面、使用する場合は以下の注意点やリスクを十分に把握したうえで作業しましょう。

● データ復元ソフトによって復元の精度に差がある

● データが入った媒体に障害があった場合、状態が悪化する可能性がある

●さらに障害を悪化させてしまう可能性がある

本当に大切なデータがある場合は、データ復旧サービスの利用をおすすめします。

データ復旧の専門業者に相談する

これまでに紹介した方法を試してもデータが復元できなかった場合、自力で解決しようとすると、誤った手順によって最悪の場合、データ復旧できなくなってしまう可能性があります。

最も安全にデータ復旧するには、データ復旧の専門業者に相談することです。データ復旧の専門業者であれば、症状や状況に応じた適切な対処が可能で、メーカーや個人では対応できない修復も可能です。

おすすめの専門業者

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは、11年連続国内売上No.1最大手のデータ復旧専門業者です。

復旧率は95.2%とかなり高い技術力を有しており、2021年11月には、HDDの最難関障害である「スクラッチ障害」の復旧技術や、SSDやSDカードのような「メモリ媒体」の復旧技術が評価され、東京都の経営革新優秀賞を受賞しています。その復旧技術・設備が詰まっている復旧ラボは見学が可能です。

また、累積の相談件数は29万件を超え、官公庁や大手企業との取引実績も豊富です。さらに、依頼されたものの8割を48時間以内に復旧するスピードも優秀です。

24時間365日の受付対応に加え、機器は全国5拠点への持ち込み・配送・出張と臨機応変に対応してくれます。相談から見積もりが無料で行えるため、データ復旧専門業者の選定に困っていたら、まずは最大手であるデジタルデータリカバリーへ相談することをおすすめします。

持ち込み拠点東京/六本木(本社)、神奈川、愛知、大阪、福岡取り引き実績官公庁や大手企業を含めた累積29万件の相談実績
報酬体系原則成功報酬制無料サービス相談・初期診断・見積もりまで無料(デジタルデータリカバリーへの配送も無料)
復旧期間・最短当日に復旧完了
・約80%が48時間以内に復旧完了
出張対応あり(法人のみ)
セキュリティISO27001/Pマーク/外部委託警備員のチェック/NDA締結対応メディア RAID機器(NAS/サーバー)、パソコン(ノート/デスクトップ)、外付けHDD、SSD、USBメモリ、ビデオカメラ、SDカード・レコーダー等記憶媒体全般
復旧料金◇相談から見積もりまで無料
500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
特長 ・11年連続データ復旧国内売上No.1
・復旧率最高値95.2%の非常に高い技術力
・官公庁や大手企業を含む累積29万件以上の相談実績

デジタルデータリカバリーのさらに詳しい情報は公式サイトへ

まとめ

今回はExcelデータを修復できない際の対処法、おすすめの復旧サービスについて紹介しました。

間違えてデータを消してしまった場合でも、上記で紹介したような手法を取ることによってデータを取り戻せる可能性があります。しかし、データ復旧にはリスクがつきものです。焦って対処してデータを消してしてしまう前に、まず専門家に相談してみるなど、慎重な処置を行いましょう。

最新情報をチェックしよう!