iPhoneがハッキングされた?警告文の真偽と対処法を解説

iPhoneを使用中、Webブラウザに「ハッキングされています」「ウイルスが検出されました」などの警告が表示されると、一瞬驚くと思います。

この記事では、このような「ハッキングされています」の警告の真偽や、iPhoneがハッキングされる原因・症状、ハッキングされたときの対処法を紹介しています。

iPhoneがハッキングされる原因・手口

iPhoneを使用中に「ハッカーに追跡されています!」「お使いのiPhoneがハッキングされている可能性があります!」といった警告がWebブラウザ表示されることがあります。

このような警告は基本的にフェイクです。iPhoneには基本的に何の問題もありません。ただし、このようなフェイクアラートは、ユーザーの不安を煽り、不正アプリのインストールなどを誘導してきます。

偽警告から不正アプリをインストールするのは危険

このような警告の要求に従い、不正アプリのインストールや不正ソフトのダウンロードを行ってしまうと、マルウェアに感染してしまったり、遠隔操作(ハッキング)をされる恐れがあります。

 なりすましWi-Fiから乗っ取り

街中にはたくさんフリーWifiが存在しますが、一部のスポットには「なりすましwifi」が設けられている可能性があります。たいていの場合、なりすましwifiは、公共の場に設置されており、本物のフリーWi-Fiとよく似た名前になっています。

なりすましWifiに利用者が接続してしまうと、「iPhoneのデータ」や「操作している画面」などが、攻撃者に共有されてしまう恐れがあります。

iPhoneがハッキングされた疑いのある症状

iPhoneは、気が付かない内にハッキングされてしまうと、「情報漏えい」や「金銭被害」に発展してしまう可能性があります。また、ハッキングされたiPhoneはサイバー攻撃の踏み台として、DDos攻撃やスパムメールの送信に悪用されたりし、被害者から加害者になってしまうこともあります。

次のような症状がみられる場合には、早急に対処するようにしましょう。

  • 身に覚えのないログイン通知
  • 通信料の増加・iPhoneの動作が重い
  • iTunesなどアプリが従来のパスワードで使えない

 身に覚えのないログイン通知・操作

Apple IDのサービスに身に覚えのないログイン通知や、設定変更の通知が来ていた場合、ハッキングを受けた可能性があります。特に「(身に覚えのない)メールアドレスに対してiCloudを追加しますか?」という通知を受け取った場合は、第三者からハッキングされている可能性が非常に高いです。

また「勝手にカメラが起動する」「身に覚えのない通信履歴があった」という場合も、ハッキングを受けている可能性が同様に考えられます。

通信料の増加・iPhoneの動作が重い

ハッキングされていると通信料が増加し、iPhoneの動作が遅くなることがあります。ただし「内部ストレージが不足している」「5年以上使用していて、経年劣化が疑われる」などの場合でも動作が鈍くなることがあります。この点は注意しておきましょう。

iTunesやApple ID・SNSなどが従来のパスワードで使えない

ハッキングの兆候がある場合、すでに侵入者によって、iTunesやApple ID、SNS、ネットバンキングなどのパスワードが変更されている可能性があります。もし、自身でパスワードを変更していないにもかかわらず、開けなくなってしまっているときは、ハッキングを疑いましょう。

iPhoneにハッキングの疑いがある際の対処法

これら症状に少しでも当てはまっている場合は、ハッキングされている可能性が高いです。

このような場合、次の対処方法を取りましょう。また、個人での対処に不安がある方パスワードを変えられてしまい、ログインできない方などは、専門業者に相談するようにしましょう。

iPhone内のアプリ全てのログイン履歴や購入履歴を確認する

iPhone内にあるアプリ(SNSやネットバンキング、ショッピングサイトなど)のログイン履歴、購入履歴を確認しましょう。身に覚えのない履歴があった場合、SNSやクレジットカードのパスワードを変更するようにしましょう。

 怪しいアプリをアンインストールする

フェイクアラートに誘導され、怪しいアプリをインストールしてしまった場合や、身に覚えのないアプリがダウンロードされている場合、該当するアプリをアンインストールしましょう。これらのアプリが、遠隔操作や、情報搾取の原因となっている可能性があります。

Apple IDやSNSのパスワードを変更する

Apple IDやSNSのパスワードをもう一度見直しましょう。他のSNSアカウントやネットバンキングなどで同一のパスワードを使い増している場合、被害が拡大する恐れがあります。ハッキングの疑いがある時点で、主要アプリのパスワードを変更し、セキュリティを強化しましょう。

 専門業者でハッキングの調査をする

ハッキングの被害に遭っているか不安な場合、専門の調査会社に相談する方法があります。費用はかかりますが最短数日~利用でき、専門のエンジニアによる詳細な調査をしてもらえるため、不安な場合は利用するといいでしょう。

編集部おすすめ調査会社:デジタルデータフォレンジック(おすすめ度)

iPhoneがハッキングされているか調査してくれる専門会社をご紹介します。

こちらの業者は、民間の調査会社でありながら官公庁や大手企業との取引実績も多く信頼でき、幅広い調査に対応していておすすめです。

まずは無料で相談・見積りまで行ってくれるようなので、不安な方は一度相談してみるとよいでしょう。

デジタルデータフォレンジック

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: キャプチャ-1-1024x397.png
費用★見積り無料 まずはご相談ください
調査対象PC、スマートフォン、サーバ、外付けHDD、USBメモリ、SDカード、タブレット など
サービスハッキング・不正アクセス調査、マルウェア・ランサムウェア感染調査、サイバー攻撃被害調査、退職者調査、労働問題調査、社内不正調査、情報持出し調査、横領着服調査、パスワード解除、データ改ざん調査、データ復元、デジタル遺品、離婚問題・浮気調査 など
特長✓累積ご相談件数14,000件以上
✓国際基準をクリアした厳重なセキュリティ体制(ISO認証、プライバシーマーク取得済)
警視庁からの捜査協力依頼・感謝状受領の実績多数

デジタルデータフォレンジックは、国内トップクラスの調査力を有しており、累計1万4千件以上の豊富な実績があります。

規模が大きな調査会社でありながら、iPhoneのハッキング調査などの実績もあるようですし、24時間365日の相談体制、ニーズに合わせたプランのカスタマイズなど、サービスの利用しやすさも嬉しいポイントです。

iPhoneのハッキング調査以外にも幅広い調査に対応しているだけでなく、ケースごとに専門チームが調査対応を行っているとのことで、高品質な調査が期待できます。さらに、警察への捜査協力も行っているなど、信頼がおける専門業者です。

相談・見積りを無料で行っているので、まずは電話かメールで問合せをしてみることをおすすめします。

↓調査項目・プラン・料金などは公式サイトへ↓

 まとめ                       

今回は、iPhoneがハッキングされる原因や対処法について解説しました。iPhoneがハッキングされると、大切なデータが削除・流出する恐れがあるだけでなく、金銭的な被害につながることもあります。

不安に思ったときは、専門の業者に相談することで、自身の大切情報を守ることにもつながります。予防のためにも、不審なサイトやURL、メールなどは開かないようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!