【2023.11最新】フォレンジック調査会社一覧|選び方・依頼の流れを解説

  • 退職者が不正に社内情報を持ち出したのではないか
  • ランサムウェア感染したため、緊急で調査できる会社を知りたい
  • アカウント、パソコンを第三者にハッキングされた

このような場合は、フォレンジック調査を行い、原因と被害の範囲を正確に把握して発生した被害に対して適切に対処しなければ企業の信用を失うことに繋がりかねません

しかし、セキュリティの知識が少ない人からすれば、フォレンジック調査は馴染みがないため少し難しく感じる人も多いでしょう。

そこで本記事では、以下について詳しく解説しました。

  • 「そもそもフォレンジック調査会社とは何なのか」
  • 「フォレンジック会社の選び方」
  • 「おすすめのフォレンジック調査業者」

また、「フォレンジック調査会社の一覧リスト」では、会社情報などの詳細を記載しているので、緊急の対応が必要な人にもおすすめの記事になっています。

本ページには広告が含まれています。本コンテンツ経由で商品・サービスの申込みがあった場合、企業から送客手数料を受け取ることがあります。
目次

フォレンジック調査会社とは?

フォレンジック調査会社とは、デジタルデータから証拠を収集・分析する専門会社です。

フォレンジック調査は、情報漏えいやサイバー攻撃、不正アクセス題などが発生した場合、被害の原因や経緯を特定するために実施されます。また、社内横領、労務問題など、訴訟や紛争の際に、法的に正しい手続きでデジタルデータの証拠を収集するためにも実施されます。

フォレンジック調査会社では、高度な技術力と経験を有する専門家が、最新の技術やツールを駆使して、適切な調査を行います。

フォレンジック調査サービスの詳細については下記の記事でも詳しく解説しています。

フォレンジック技術で調査可能な内容

フォレンジック技術で調査可能な内容は、以下のとおりです。

  • データ改ざんや不正アクセスなどの痕跡
  • ユーザーの操作履歴
  • 通信ログ
  • メールやチャットなどのメッセージ
  • 画像や動画などのファイル履歴
  • アプリケーションのインストール履歴
  • マルウェアの感染動向

フォレンジック調査の活用事例

フォレンジック調査の活用事例は、以下のとおりです。

  • 情報漏えいの原因や経路の特定
  • サイバー攻撃の被害状況の把握
  • 不正アクセス犯の特定
  • 法的な証拠の収集

情報漏えいの原因や経路の特定

情報漏えいが発生した場合、漏えいの原因や経路を特定するために、フォレンジック調査が活用されます。たとえば、社内ネットワークから機密情報が外部に流出した疑いがある場合、不正アクセスの痕跡となるログやファイルを調査して、不正アクセスの痕跡を探します。

サイバー攻撃の被害状況の把握

ランサムウェア攻撃などのサイバー攻撃の被害を受けた場合、フォレンジック技術を用いることで、サイバー攻撃の被害状況を把握することができます。たとえば、攻撃を受けた時期、侵入経路、攻撃の影響を受けた可能性のあるシステムやデータなどを特定することができます。

不正アクセス犯の特定

不正アクセスの被害を受けた場合、フォレンジック技術を用いることで、不正アクセスの犯人を特定することができます。これにより、不正アクセスの再発防止に役立てることができます。

法的な証拠の収集

訴訟や紛争において、フォレンジック技術を用いることで、法的な証拠を収集することができます。これは裁判や行政手続きなどで、デジタルデータに基づく証拠を提出する際に有効です。

フォレンジック調査会社の選び方とは?

フォレンジック調査会社を選ぶ際には、以下の7つのポイントを参考に、自社のニーズに合った会社を選びましょう。フォレンジック調査会社に依頼する上、これらの要素はとても重要な選び方になります。

  • 対応実績が豊富
  • 官公庁・捜査機関・大手法人の依頼実績がある
  • フォレンジック調査の技術力
  • セキュリティレベルの高さ
  • 緊急時にスピード対応が可能
  • 法的証拠となる調査報告書を発行できる
  • データ復旧作業に対応している

対応実績が豊富

フォレンジック調査会社に依頼する際には「対応実績が豊富かどうか」を確認するようにしましょう。

フォレンジック調査の対象には、ランサムウェア不正アクセスハッキングなどのサイバー攻撃に関する被害調査や、職務怠慢、退職者の情報漏洩などの社内不正にかかわる調査、パスワード解析など多様なバリエーションがあります。

この点において、対応実績の多い会社は、多様なインシデントを経験しているため、調査手法やノウハウが確立されている場合が多いです。

官公庁や大手企業からの仕事がある

フォレンジック調査会社を選ぶ際、官公庁・捜査機関・大手法人の依頼実績があるかどうかも、重要な判断材料となります。

なぜなら、これらの顧客は、調査の正確性に厳格な要求を課す傾向があります。そのため、これらの顧客から仕事を受注できる会社は、必然的に高い技術力と信頼性を備えていると言えます。

フォレンジック調査の技術力

フォレンジック調査業者の技術力は、会社の持つ調査設備、技術ノウハウ、エンジニアの熟練度などによって大きく変わります。大手企業、警察や官公庁からのフォレンジック調査の依頼を受けていることも技術力を判断する一つの要因になります。

フォレンジック調査会社では、最新の攻撃手法に対応する必要があるため、コンピューターやネットワーク、セキュリティについての知識を持ってることはもちろんのこと、他にもデジタルデータを法的効力のある証拠にするために法的手続きにおける知識を持っています。

しかし、一般の人が技術力の有無を判断することは非常に困難です。初めてフォレンジック調査を検討している人は「復旧実績があるのかどうか」を確認し、選択しましょう。

おすすめとして、過去の対応実績が2万件以上、且大手企業者や官公庁からの依頼を受けている場合は、安心して依頼できる技術力を保有していると言えるでしょう。

技術力の高いおすすめのフォレンジック調査業者も紹介しています。

最短即日調査!おすすめのフォレンジック調査業者はこちら >

セキュリティレベルの高さ

フォレンジック調査では、機密情報や個人情報が扱われます。そのため、セキュリティレベルが高い会社を選びましょう。セキュリティレベルが高い会社は、データの破損や漏えいを防止するための対策を講じています。そのため、調査に使用するデータや機器を安全に保つことができます。

セキュリティレベルが高い会社を選ぶ際には、以下の認証を取得している企業を選ぶとよいでしょう。

  • プライバシーマーク(Pマーク)

プライバシーマーク(Pマーク)は、日本情報処理開発協会(JIPDEC)が認定する、個人情報の適正な取扱いに関する認証制度です。Pマークを取得している企業は、個人情報の保護に関する一定の基準を満たしていることになります。

  • ISO/IEC 27001

ISO/IEC 27001は、国際標準化機構(ISO)と国際電気標準会議(IEC)が策定した、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格です。ISO/IEC 27001を取得している企業は、情報セキュリティに関する一定の基準を満たしていることになります。

  • ISMS認証

ISMS認証は、日本情報セキュリティマネジメント協会(JISAC)が認定する、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の認証制度です。ISMS認証を取得している企業は、情報セキュリティに関する一定の基準を満たしていることになります。

また、フォレンジック調査会社によっては、セキュリティゲートや監視カメラなど、独自のセキュリティ対策を講じている場合があります。このような会社を選ぶことも、セキュリティレベルを高める上で有効です。

緊急時のスピード対応が可能

情報漏えいなどの緊急事態が発生した場合、被害を最小限に抑えるためにも、迅速な対応が求められます。そのため、フォレンジック調査会社を選ぶ際、緊急時のスピード対応が可能かどうかを確認しておく必要があります。

緊急度が高い案件には、以下のようなものが挙げられます。

情報漏えい

情報漏えいは、企業にとって大きな損失につながる可能性があります。そのため、情報漏えいが発生した場合は、迅速に調査を実施して、被害の拡大を防止する必要があります。

サイバー攻撃

サイバー攻撃は、企業のシステムやデータに被害を与える可能性があります。そのため、サイバー攻撃の被害を受けた場合は、迅速に調査を実施して、被害の拡大を防止する必要があります。

不正アクセス

不正アクセスは、企業のシステムやデータに不正にアクセスする行為です。不正アクセスの被害を受けた場合は、迅速に調査を実施して、被害の原因を特定する必要があります。

これらの案件は、被害の拡大を防止するために、迅速な調査が求められます。そのため、フォレンジック調査会社を選ぶ際には、緊急時のスピード対応が可能かどうかを確認しておく必要があります。調査会社によっては、24時間365日対応している会社や、緊急対応用の体制を整えている会社もあります。このような会社を選ぶことで、緊急時にも迅速な対応を期待することができます。

法的証拠となる調査報告書を発行できる

フォレンジック調査の結果は、訴訟や紛争の証拠として用いられることがあります。しかし、調査結果が客観的で信頼できる報告書として発行できなければ、調査の結果が必ずしも訴訟や紛争の勝訴につながるとは限りません。

したがって訴訟や紛争に備えて調査する場合、法的証拠となる調査報告書を発行できる会社を選びましょう。それにより、調査の正確性・信頼性を担保でき、調査結果に法的な効力を持たせることができます。

データ復旧作業に対応している

データ復旧作業は、フォレンジック調査における重要なファクターです。なぜなら、フォレンジック調査において必要なデータが、削除・隠蔽されている場合、失われたデータを復旧することで、調査に必要な情報が得られ、事件の解明や証拠の収集が可能となる場合があるからです。

編集部おすすめ調査会社:デジタルデータフォレンジック(おすすめ度)

Wi-Fiが乗っ取り・ハッキングされているか調査してくれる専門会社をご紹介します。

こちらの業者は、対応件数が32,000件を超え、民間の調査会社でありながら官公庁や大手企業との取引実績も多く信頼できるため、幅広い調査に対応していておすすめです。

まずは無料で相談・見積りまで行ってくれるようなので、不安な方は一度相談してみるとよいでしょう。

デジタルデータフォレンジック

費用★見積り無料 まずはご相談ください
調査対象PC、スマートフォン、サーバ、外付けHDD、USBメモリ、SDカード、タブレット など
サービスハッキング・不正アクセス調査、マルウェア・ランサムウェア感染調査、サイバー攻撃被害調査、退職者調査、労働問題調査、社内不正調査、情報持出し調査、横領着服調査、パスワード解除、データ改ざん調査、データ復元、デジタル遺品、離婚問題・浮気調査 など
特長✓累積ご相談件数3,2000件以上
✓国際基準をクリアした厳重なセキュリティ体制(ISO認証、プライバシーマーク取得済)
警視庁からの捜査協力依頼・感謝状受領の実績多数

デジタルデータフォレンジックは、国内トップクラスの調査力を有しており、累計3万2千件以上の豊富な実績があります。

規模が大きな調査会社でありながら、Wi-Fiの乗っ取り・ハッキング調査などの実績もあるようですし、24時間365日の相談体制、ニーズに合わせたプランのカスタマイズなど、サービスの利用しやすさも嬉しいポイントです。

Wi-Fiの乗っ取り・ハッキング調査以外にも幅広い調査に対応しているだけでなく、ケースごとに専門チームが調査対応を行っているとのことで、高品質な調査が期待できます。さらに、警察への捜査協力も行っているなど、信頼がおける専門業者です。

相談・見積りを無料で行っているので、まずは電話かメールで問合せをしてみることをおすすめします。

フォレンジック調査依頼前の注意点

フォレンジック調査依頼前の注意点は次のとおりです。

  • 調査機器はスリープモードで管理する
  • 調査目的・調査範囲・内容を明確にしておく
  • 不審なファイルやデータは触らない
  • 調査にかかる工数を事前に確認する
  • 初期診断・相談が無料化を確認する

調査機器はスリープモードで管理する

スリープモードは、電源を完全に切らずに、メモリに保存されているログ情報などのデータを保持するモードです。そのため、スリープモードで管理している調査機器を起動すると、メモリ内のデータがそのまま保持されます。

一方、シャットダウンモードでは、メモリ内のデータが消去される場合があります。そのため、シャットダウンは行わないようにしてください。

フォレンジック調査では、調査対象となるデータが消失するリスクを軽減するために、調査機器はスリープモードで管理することが重要です。

調査目的・調査範囲・内容を明確にしておく

フォレンジック調査は、目的や範囲、内容によって、調査手法や費用が異なります。調査依頼前に、調査目的・調査範囲・内容を明確にしておきましょう。

不審なファイルやデータは触らない

不審なファイルやデータを見つけた場合、不用意に操作すると、正確な調査結果を導き出すことができなくなる可能性があります。一方、フォレンジック調査会社は、不審なファイルやデータを安全に解析し、調査に役立てることができます。

調査にかかる工数を事前に確認する

フォレンジック調査には、時間と費用がかかります。調査にかかる工数を事前に確認し、調査を効率的に進行させるための計画を立てておきましょう。

初期診断・相談が無料か確認する

フォレンジック調査会社の中には、初期診断や相談について無料のサービスを提供しています。初期診断を活用することで、調査の必要性や費用を判断することができます。

フォレンジック会社の一覧

以下はフォレンジック調査業者の一覧になります。

  • デジタルデータソリューション株式会社
  • セキュアワークス株式会社
  • PwCコンサルティング合同会社
  • エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社
  • 株式会社くまなんピーシーネット
  • 情報セキュリティ株式会社
  • 株式会社神戸デジタル・ラボ
  • 株式会社ラック
  • 株式会社FRONTEO
  • 株式会社サイバーディフェンス研究所
  • 株式会社網屋
  • 株式会社KPMGFAS
  • RSASecurityJapan合同会社
  • 株式会社PFU
  • 株式会社シーイーシー
  • SBテクノロジー株式会社
  • NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
  • エムオーテックス株式会社
  • セコムトラストシステムズ株式会社
  • グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)
  • サイバーリーズン合同会社
  • 株式会社SHIFT
  • ストーンビートセキュリティ株式会社
  • トレンドマイクロ株式会社
  • 日本アイ・ビー・エム株式会
  • 株式会社日立ソリューションズ
  • 株式会社ブロードバンドセキュリティ
  • 株式会社レオンテクノロジー
  • GMOサイバーセキュリティ株式会社
  • EY新日本有限責任監査法人

デジタルデータソリューション株式会社

(公式HP)デジタルデータフォレンジ

サービス名デジタルデータフォレンジック
受付期間24時間365日
対応地域全国
住所〒106-6115東京都港区六本木6丁目10番1号六本木ヒルズ森タワー15階

セキュアワークス株式会社

(公式HP)セキュアワークス株式会社

サービス名デジタル・フォレンジック調査
受付時間24時間
対応地域全国・海外
住所〒100-8159 東京都千代田区大手町一丁目2番1号Otemachi Oneタワー17階

エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社

(公式HP)エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社

サービス名デジタルフォレンジックサービス
受付時間(平日)9:30~17:30
対応地域全国
住所〒212-0014 神奈川県川崎市幸区大宮町1310 ミューザ川崎セントラルタワー

PwCコンサルティング合同会社

(公式HP)PwCコンサルティング合同会社

サービス名インシデントレスポンス
受付時間(平日)10:00~18:00
対応地域全国・海外
住所東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内パークビルディング21F

株式会社くまなんピーシーネット

(公式HP)株式会社くまなんピーシーネット

サービス名WDR Forensic証拠保全サービス
受付時間(平日)9:00 ~ 19:00
対応地域全国
住所〒860-0834 熊本県熊本市南区江越2-1-8

情報セキュリティ株式会社

(公式HP)情報セキュリティ株式会社

サービス名デジタルフォレンジックサービス
受付時間月曜日~金曜日 9:30-17:00
(ただし祝祭日および、その振替日を除きます)
対応地域全国
住所神戸市中央区東川崎町1-3-3
神戸ハーバーランドセンタービル13階(受付)・18階

株式会社神戸デジタル・ラボ

(公式HP)株式会社 神戸デジタル・ラボ

サービス名ネットワークフォレンジック
受付時間(平日)10:00~18:00
対応地域関西圏(全国も可)
住所〒650-0034 神戸市中央区京町72番地 新クレセントビル

株式会社ラック

(公式HP)株式会社ラック

サービス名緊急事故対応サービス「サイバー119」
受付時間24時間
対応地域全国・海外
住所東京都千代田区平河町2丁目16番1号 平河町森タワー

株式会社FRONTEO

(公式HP)株式会社FRONTEO

サービス名不正検知フォレンジック調査
受付時間(平日)9:00 ~ 18:00
対応地域全国
住所〒108-0075 東京都港区港南2-12-23 明産高浜ビル(受付8階)

株式会社サイバーディフェンス研究所

(公式HP)株式会社サイバーディフェンス研究所

サービス名インシデント対応サービス
受付時間(平日)10:00~18:00
対応地域全国・海外
住所東京都千代田区神田駿河台2-5-1 御茶ノ水ファーストビル5階

株式会社網屋

(公式HP)株式会社 網屋

サービス名インシデント対応サービス
受付時間(平日)9:00~18:00
対応地域全国(リモート対応含む)
住所東京都中央区日本橋浜町3-3-2 トルナーレ日本橋浜町 11F

株式会社KPMGFAS

(公式HP)株式会社KPMG FAS

サービス名デジタルフォレンジック
受付時間(平日)9:15~17:15
対応地域全国・海外
住所〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目9番5号
大手町フィナンシャルシティノースタワー

RSASecurityJapan合同会社

(公式HP)RSA Security Japan合同会社

サービス名フォレンジック調査
受付時間(平日)9:00~17:30
対応地域全国・海外
住所東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-3やまとビル8F

株式会社PFU

(公式HP)株式会社 PFU

サービス名PFU セキュリティサービス
受付時間(平日)9:00~17:00
対応地域全国
住所〒220-8567 神奈川県横浜市西区みなとみらい4-4-5 横浜アイマークプレス

株式会社シーイーシー

(公式HP)株式会社シーイーシー

サービス名Cyber NEXTデジタルフォレンジックサービス
受付時間(平日)9:30 ~ 17:45
対応地域全国
住所〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル8F

SBテクノロジー株式会社

(公式HP)SBテクノロジー株式会社

サービス名リモートフォレンジックサービス
受付時間(平日)9:00~17:45
対応地域全国・海外(日本企業の現地法人)
住所東京都新宿区新宿六丁目27番30号 新宿イーストサイドスクエア17階

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

(公式HP)NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

サービス名セキュリティ事故対応支援
受付時間(平日)10:00~17:00
対応地域全国・海外
住所東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビル

エムオーテックス株式会社

(公式HP)エムオーテックス株式会社

サービス名LANSCOPE
受付時間平日) 9:30~12:00 / 13:00~17:30
対応地域全国・海外
住所大阪市淀川区西中島5-12-12 エムオーテックス新大阪ビル

セコムトラストシステムズ株式会社

(公式HP)セコムトラストシステムズ株式会社

サービス名セコムプロフェッショナルサポート
受付時間24時間365日
対応地域全国
住所〒150-0001東京都渋谷区神宮前1-5-1 セコム本社ビル

グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)

(公式HP)グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)

サービス名緊急対応サービス
受付時間(平日)9:00~17:30
対応地域全国
住所東京都港区海岸1丁目15番1号 スズエベイディアム4F

サイバーリーズン合同会社

(公式HP)サイバーリーズン合同会社

サービス名フォレンジック調査
受付時間(平日)9:00~18:00
対応地域全国・海外(リモート対応)
住所〒104-0031 東京都中央区京橋1-17-10 住友商事京橋ビル8階

株式会社SHIFT

(公式HP)株式会社SHIFT

サービス名フォレンジック調査
受付時間(平日)9:00~18:00
対応地域全国
住所東京都港区麻布台2-4-5 メソニック39MTビル

ストーンビートセキュリティ株式会社

(公式HP)ストーンビートセキュリティ株式会社

サービス名デジタルフォレンジック
受付時間(平日)9:00~18:00
対応地域全国
住所〒102-0083 東京都千代田区麹町4丁目5-21 紀尾井町PREX 12F

トレンドマイクロ株式会社

(公式HP)トレンドマイクロ株式会社

サービス名フォレンジック調査
受付時間(平日)9:00~18:00
(受付時間外12:00~13:00)
対応地域全国
住所東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー

日本アイ・ビー・エム株式会

(公式HP)日本アイ・ビー・エム株式会

サービス名IBM X-Force IRIS Vision Retainer (インシデント対応サービス)
受付時間24時間
対応地域全国・海外
住所東京都中央区日本橋箱崎町19番21号

株式会社日立ソリューションズ

(公式HP)株式会社日立ソリューションズ

サービス名MDRサービス インシデントレスポンス
受付時間(平日)9:00~17:00
対応地域全国
住所〒140-0002 東京都品川区東品川4ー12ー7(日立ソリューションズタワーA)

株式会社ブロードバンドセキュリティ

(公式HP)株式会社ブロードバンドセキュリティ

サービス名デジタルフォレンジック
受付時間24時間
対応地域全国
住所東京都新宿区西新宿8-5-1 野村不動産西新宿共同ビル4F

株式会社レオンテクノロジー

(公式HP)株式会社レオンテクノロジー

サービス名フォレンジックサービス
受付時間10:00~19:00(休業日を除く)
対応地域全国
住所東京都豊島区池袋2-52-8 大河内ビル3階

GMOサイバーセキュリティ株式会社

(公式HP)GMOサイバーセキュリティ株式会社

サービス名デジタルフォレンジック・インシデントレスポンス支援
受付時間24時間365日
対応地域全国
住所〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26番1号

EY新日本有限責任監査法人

(公式HP)EY新日本有限責任監査法人

サービス名デジタルフォレンジック
受付時間24時間
対応地域全国・海外
住所〒100-0006 東京都千代田区有楽町一丁目1番2号 東京ミッドタウン日比谷 日比谷三井タワー

フォレンジック調査会社の相場

フォレンジック調査の相場は、調査内容や対象機器の数によって異なりますが、一般的に対象機器一台あたり数十万円から数百万円程度の範囲が一般的です。ただ、料金は調査の種類や範囲で異なり、高度な調査ほどより高額になります。依頼先の企業により、調査内容も異なるため、まずは無料の相談や見積もりが提供されているフォレンジック調査業者に問い合わせてみることがおすすめです。

>フォレンジック調査の費用の詳細はこちら

まとめ

今回は フォレンジックサービス の概要や調査会社選定の基準を解説しました。情報化に伴いデータの価値が高まりセキュリティの強化は必須となりました。しかし、100%の対策は不可能なためインシデント発生時の対処法としてフォレンジック調査を活用が有用となります。

デジタルデータフォレンジック

■警視庁からの捜査協力依頼実績が多数あり
■法人/個人問わず幅広く対応
■ 国際標準規格「ISO27001」取得
■ 11年連続国内売上No.1のデータ復元サービス

  • サービス
    ハッキング不正アクセス調査、マルウェア・ランサムウェア感染調査、退職者調査、労働問題調査、社内不正調査、情報持出し調査、横領着服調査、データ改ざん調査など

デジタルデータフォレンジックのお問い合わせページはこちら

関連記事

・フォレンジック調査にかかる費用・相場とメリットを解説

・【解説】フォレンジック調査サービス|業者選定基準やサービス概要

・デジタルデータフォレンジックの評判を徹底調査|特徴・料金・依頼前の流れを解説

最新情報をチェックしよう!