iPhoneがウイルスに感染しているか確認する方法

「iPhoneの充電がすぐ切れる」「動作が重い」ということはないでしょうか。iPhoneは、Androidに比べて、ウイルスに感染しにくい端末ですが、それでもセキュリティのトラブルに遭遇することがあります。

この記事では、iPhoneがウイルスに感染した際の症状や、確認方法を紹介します。

iPhoneがウイルスに感染する可能性は?

iPhoneは、Androidスマートフォンに比べて、高度なセキュリティが搭載されており、ウイルスに感染するリスクは少ないといわれてます。

また、iOSにはウイルスを無効化する機能が標準搭載されているほか、アプリの審査基準が厳しく、Apple Storeで配信されているアプリによって、ウイルスに感染するリスクも、ほとんどありません。

しかし、世界中で新しいマルウェアは、1日あたり数十~百万単位で増えていると言われ、iPhoneといえど、絶対安全はありえません。また、iOSのシステムは非公開のため、端末全体をスキャン可能なセキュリティアプリも存在せず、セキュリティチェックの面で不安を覚える方も少なくありません。

ウイルス感染経路

ウイルス感染する恐れがあまりないiPhoneですが、最近はウイルスの感染経路も多様化しており、iPhoneでも感染してしまうことがあります。

iPhoneがウイルスに感染してしまう原因として、主に次のような感染経路があります。

  • 過去に脱獄をした
  • 不正サイトを閲覧して、不正ソフト・不正アプリをダウンロードした
  • なりすましフリーWifiに接続した

過去に脱獄をした

「脱獄(ジェイルブレイク)」とは、iPhoneのiOSシステムを改変して、iOSやApple StorなどApple社が設けている様々な制限を取り除くことです。

脱獄をすることで、Apple Store非公認のアプリをインストールすることが可能になりますが、過去に脱獄したことがある場合、ウイルスに感染するリスクは上がります。そのため、セキュリティが大幅に低下しまい、ウイルスに感染する可能性も上がります。

不正なサイトを閲覧して、不正アプリをダウンロードした

iPhoneでは「ハッカーに追跡されています!」「ご使用のiPhoneがハッキングされました」といったフェイクアラートが表示されることがあります。

フェイクアラートはユーザーを不安にさせるだけでなく、不正アプリのインストールを誘導させ、ユーザーの端末を乗っ取ろうとします。不正アプリを入れてしまうと、ウイルスに感染するリスクも高くなるので、このような警告は無視するようにしましょう。

なりすましフリーWifiに接続した

街中にはたくさんフリーWifiが存在しますが、一部のスポットには「なりすましwifi」が設けられている可能性があります。たいていの場合、なりすましwifiは公共の場に設置されており、本物のフリーWi-Fiとよく似た名前になっています。

なりすましWifiに利用者が接続すると、マルウェアに感染するだけでなく「iPhoneのデータ」や「操作している画面」などが、攻撃者に共有されてしまう恐れがあります。

iPhoneがウイルス感染したときによくある症状

iPhoneがウイルスに感染してしまった場合によくある症状を紹介します。

  • 勝手に再起動を繰り返す
  • 通信料の増加・iPhoneの動作が重くなる
  • 身に覚えのないアプリが入っている
  • 身代金を請求されている

勝手に再起動を繰り返す

iPhoneがウイルス感染してしまうと、勝手に電源がついたり、電源が消えたりすることがあります。このような場合、ウイルス感染により、不正な通信が繰り返し行われている可能性があります。

ただし、バッテリーの劣化や、アップデートによる不具合によって、再起動を繰り返すこともあります。しかし、これらに該当しない場合は、ウイルス感染の可能性も念頭に入れておきましょう。

通信量の増加・iPhoneの動作が重くなる

iPhoneがウイルス感染していると、以前に比べて通信量が増えたり、動作が重くなることがあります。この場合、仮想通貨の採掘作業(マイニング)を手伝わされたり、DDos攻撃の踏み台に利用されたりし、iPhoneが熱くなることもあります。

なお、マルウェアに感染すると、第三者へのスパムメールの発信源となってしまう恐れがあります。このような場合、被害者の立場から加害者の立場に変わってしまうこともあります。

身に覚えのないアプリが入っている

ウイルス感染すると、インストールした覚えのないアプリが勝手にインストールされていることがあります。この場合、誰かにiPhone端末を遠隔操作されている恐れがあります。

またインストールした覚えはあるものの、そのアプリをインストールして以降、「不自然な動作が増えた」と感じる場合は、ウイルスに感染している可能性があります。

iPhoneのウイルス感染被害を確認する方法

iPhoneはウイルススキャンをサポートしておらず、ウイルス検出して削除するアプリケーションもありません。 したがって、スマートフォン向けのセキュリティ製品は、原則としてAndroid専用です。

そのため、iPhoneでウイルス感染被害を調査するには、ウイルス感染調査に対応している専門業者に相談する必要があります。 ウイルス感染調査の専門企業では、「iPhoneがいつ、どのような経路でウイルスに感染しているか」「個人情報が漏えいしているか」を調査することができます。

なお、専門業者には相談から見積もりまで無料で行える企業もありますので、業者を選定する際はこの転に注意を払っておきましょう。

編集部おすすめ調査会社:デジタルデータフォレンジック(おすすめ度)

iPhoneがウイルスに感染しているか調査してくれる専門会社をご紹介します。

こちらの業者は、民間の調査会社でありながら官公庁や大手企業との取引実績も多く信頼でき、幅広い調査に対応していておすすめです。

まずは無料で相談・見積りまで行ってくれるようなので、不安な方は一度相談してみるとよいでしょう。

デジタルデータフォレンジック

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: キャプチャ-1-1024x397.png
費用★見積り無料 まずはご相談ください
調査対象PC、スマートフォン、サーバ、外付けHDD、USBメモリ、SDカード、タブレット など
サービスハッキング・不正アクセス調査マルウェア・ランサムウェア感染調査、、サイバー攻撃被害調査、退職者調査、労働問題調査、社内不正調査、情報持出し調査、横領着服調査、パスワード解除、データ改ざん調査、データ復元、デジタル遺品、離婚問題・浮気調査 など
特長✓累積ご相談件数14,000件以上
✓国際基準をクリアした厳重なセキュリティ体制(ISO認証、プライバシーマーク取得済)
警視庁からの捜査協力依頼・感謝状受領の実績多数

デジタルデータフォレンジッは、国内トップクラスの調査力を有しており、累計1万4千件以上の豊富な実績があります。

規模が大きな調査会社でありながら、iPhoneのウイルス感染調査などの実績もあるようですし、24時間365日の相談体制、ニーズに合わせたプランのカスタマイズなど、サービスの利用しやすさも嬉しいポイントです。

iPhoneのウイルス感染調査以外にも幅広い調査に対応しているだけでなく、ケースごとに専門チームが調査対応を行っているとのことで、高品質な調査が期待できます。さらに、警察への捜査協力も行っているなど、信頼がおける専門業者です。

相談・見積りを無料で行っているので、まずは電話かメールで問合せをしてみることをおすすめします。

↓調査項目・プラン・料金などは公式サイトへ↓

 まとめ 

今回は、iPhoneがハッキングされる原因や対処法について解説しました。iPhoneがハッキングされると、大切なデータが削除・流出する恐れがあるだけでなく、金銭的な被害につながることもあります。

不安に思ったときは、専門の業者に相談することで、自身の大切情報を守ることにもつながります。予防のためにも、不審なサイトやURL、メールなどは開かないようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!