【ウェビナー/12月8日】感染拡大が続くEmotetの最新動向と専用対策ソフト「エモテットバスター」

日程12月8日(火)15:00~16:00
方式オンラインセミナー(ウェビナー)
※Zoomを使います
費用無料
主催SentinelOne Japan 株式会社
サイバーセキュリティ総研
株式会社TTM

2020年新型コロナウィルス感染拡大の一方で、現在デジタルの世界でも新型のEmotetウィルスの感染が急速に広がり、日本企業の間で猛威をふるっています。急速に進むデジタル化の波の中で今、セキュリティ対策の遅れが懸念されています。

今回は、情報セキュリティ専門のメディアであるサイバーセキュリティ総研とSentinelOneがタッグを組み、感染拡大が止まらないEmotetウィルスの現状と対策を解説、日本全体で取り組むべきEmotet対策の標準化を啓発するEmotet被害撲滅キャンペーン「エモテットアクション」をご紹介します。

また、ウェビナーへの参加特典として、サイバーセキュリティ総研が開発したEmotet専用対策ソフト「エモテットバスター」を無料プレゼント

アジェンダ

  • 15:00~
    Emotetウィルスの最新動向とEmotet被害撲滅キャンペーン「エモテットアクション」
    サイバーセキュリティ総研 CTO 山口 智
  • 15:30~
    SentinelOneのActiveEDRで実施するEmotet対策  
    SentinelOne Japan 株式会社 エンタープライズセールスマネージャー 塩月 裕朗
  • 15:50~
    自動化x自動化 「スマートEDR」による超自動化の体験
    株式会社TTM 代表取締役 山口 啓

Emotetウィルスの最新動向とEmotet被害撲滅キャンペーン「エモテットアクション」

国内のEmotet感染状況の最新リサーチ結果をお知らせします。広がれば広がるほど感染力を増していく様は、まるでコロナウィルスそのもの。手洗い、マスク、ソーシャルディスタンスの様に、基本的な対策の徹底が日本を救います。現在Emotet対策の基本指針を啓発するキャンペーン「エモテットアクション」に賛同していただける企業様を募集しています。もしEmotetに感染してしまったらどうすればいいの?感染後は初動対応のスピードが重要です。被害企業のサポート実体験をもとに、会社の信用を守るベストプラクティスもあわせてご紹介します。

サイバーセキュリティ総研 CTO 
山口 智

SentinelOneのActiveEDRで実施するEmotet対策

グローバルで導入が進むSentinelOne、日本でもSBS株式会社様の事例が先日公開されました。なぜ、国内外の大手企業にも採用されるのか?EPP+EDRの一体型ソフトウェアで、AIを活用した自律型エンドポイントセキュリティによるサイバーセキュリティ対策を強化し、安全なテレワーク環境の実現をサポートします。

SentinelOne Japan 株式会社
エンタープライズセールスマネージャー
塩月 裕朗

自動化x自動化 「スマートEDR」による超自動化の体験

EDRの運用って大変?そんな常識を覆すのが「スマートEDR」。もともとインシデント対応のAI自動化にこだわり続けるSentinelOneを、更に自動化させることができるMSSプラットフォーム「スマートEDR」は、自動化の自動化がテーマです。無料トライアルをご案内しております。

株式会社TTM 代表取締役
山口 啓

    当社のプライバシーポリシーに同意の上、送信してください。

    ※フォームが表示されない場合は一度更新ボタンを押してください。少し時間がかかる場合がございます。

    Emotetセミナー01
    最新情報をチェックしよう!