Macが外付けHDDを認識しない原因と解決策

MacbookやiMacなどのPCが外付けHDDを認識しない問題が発生することは少なくありません。

MacはWindowsと異なる独自OSを内蔵しており、故障時も、異なる解決策で対応する必要があります。本記事では、MacがHDDを認識しない時はどう解決したらいいのか。その対処方法や注意事項などを見ていきましょう。

1. Macで外付けHDDが認識しない原因

Macで外付けHDDが認識しない原因は複数あります。

Mac側の設定トラブルの場合

ファイルシステムが異なる

WindowsとMacはファイルシステム(ファイルやフォルダの本棚的システム)が異なります。Windows向けに市販されているHDDでは初期設定のままだとMacでは認識できません。まずはHDDのフォーマット設定を確認しましょう。

Finder環境の設定

設定によってはHDDのアイコンが表示されない場合が存在します。まず「Finder環境設定」をクリックし、「外部ディスク」のチェックが入れているかどうかを確認しましょう。

ケーブルに障害がある

HDDに付属するケーブルの供給電力不足や、接続不良、断線などでMacでHDDを認識できない場合が存在します。このような場合は、HDDメーカーに問い合わせて付属のコードを購入するなど対処しましょう。

外付けHDDの故障による問題

外付けHDDに物理障害が発生している

物理障害とは、HDDが物理的に破損した状態です。主な原因は転倒による物理的衝撃や経年劣化などで、異音やフォーマット要求などの症状がみられます。

物理障害が発生した外付けHDDは、そのまま使い続けるとほとんどの場合で状態が悪化し、データにもアクセスできなくなってしまいます。

なお、物理障害は自力でのデータ復旧・修復が非常に困難であり、個人での対応はHDDを修復不能の状態にする恐れがあります。もし、復旧・修復するには専門設備でパーツの交換や解体をしなければならず、当然、技術力専門知識も必須のため、そのような場合は通電をせず、専門の業者にまで修復・復旧を依頼することがおすすめです。

外付けHDDに論理障害が発生している

論理障害とは、HDDが論理的に破損し、データを正常に読み込めないことです。たとえば、必要なデータの誤削除やファイルシステムの破損などは論理障害に属します。

なお、論理障害では復旧ツールなどを用いたり、フォーマットやOSの再インストールなどで、システムを利用できる環境を再度作り直すことも可能です。しかし、不適切な操作を行うとデータが上書きされる恐れもあるため注意してください。

3. Macで外付けHDDが認識しない場合の対処法

再起動・再接続する

Macや外付けHDDは一時的な不具合でアクセスできない可能性があります。そのような場合、再起動すると改善することがあるため、まずはMacを再起動したり、HDDのケーブルを取り外して再接続してみましょう。

接続まわりを清掃、交換する

HDDの接続ポートにホコリがたまっていたり、あるいは破損していると、正常に接続できません。USBポートを清掃したり、破損が疑われる場合は、ケーブルを交換したりしましょう。

Macのディスク修復ツールで修復する

ソフトウェア的な論理障害の場合、MacのOSに内蔵しているディスク修復ツールFirst Aidを利用することで、HDDを修復することは可能です。Finderを起動した後、First Aidを選択することで、ディスクの修復を実行します。

ただし、この修復ツールでも復旧・修復できない場合は、より重度の障害が発生していることも考えられます。また、やみくもに何度も修復ツールをかけると状態が悪化することもあるため、注意してください。

また、電源をオンにするだけでもHDDに負担をかけ、既存のデータも壊れる可能性があります。不具合が発生している場合、何度もMacに外付けHDDを接続することは避けましょう。

専門業者に相談する

上記の対処法で解決しない場合、専門業者への依頼が必要です。依頼先の選定は、保存されているデータの要不要によって切り分けられます。

内部データが不要な場合

保存されているデータ不要で、外付けHDDを使用できる状態に戻したい方は、フォーマットするか、パソコンメーカーの修理サービスへ依頼しましょう。また保証期間内であれば、無料もしくは格安で部品交換を行うことが出来ます。

ただし、修理を行う際にデータは全て削除される恐れがあります。保存データを取り戻したい場合は、メーカーや修理業者に依頼することは避けましょう。

内部データが必要な場合

保存されているデータが必要な場合は、データ復旧業者に依頼してHDDを復旧する必要があります。上述した物理障害や論理障害に対応できるのがデータ復旧業者です。

HDDは精密機器であるため、正確な修復作業には技術力と設備が必要になります。もし故障したHDDに、重要な書類など大切なデータがある場合は、故障原因を正確に診断でき、復旧率が高く、実績を持っているデータ復旧の専門業者に相談することがおすすめです。

4. おすすめのデータ復旧サービス

専門業者に相談するとしても、数ある業者の中から何を基準に選べばいいのか分からない方も多いでしょう。そこで、おすすめのデータ復旧業者を紹介します。

デジタルデータリカバリー

今回おすすめするデータ復旧業者は「デジタルデータリカバリー」です。

おすすめ理由は次の通りです。

  1. 安心の実績:11年連続国内売上No.1/復旧率最高値95.2%/累計29万件以上の相談
  2. スピードの速さ:対応の約8割が48時間以内に復旧完了
  3. セキュリティ:国際規格ISO・ISMS・Pマーク取得・空港レベルのセキュリティゲート

また、法人/個人を問わず、無料”で相談・診断・見積りができ、24時間365日受付が可能です。データ復旧が必要な場合は、まず業界大手のデジタルデータリカバリーに電話かメールで問合せをしてみましょう。

  • 対象機器
    RAID機器(NAS・サーバ)・ハードディスク(パソコン)・外付けHDD・USBメモリ・ビデオカメラ・SSD・SDカード・microSDカード・スマートフォンなど

6.まとめ

今回はMacで外付けHDDが接続されない際の対処法、おすすめの復旧サービスについて紹介しました。

焦って不適切な対処法をしてしまうとデータが消失したり、機器が破損する恐れもあります。そうなる前にまず専門家に相談してみるなど慎重に処置を行いましょう。

また、いざという時に慌てずに済むよう、日頃からバックアップも忘れずにとっておきましょう。

最新情報をチェックしよう!